60代からの化粧品選び~シワシミの悩み解消でシアワセに~

女性

コスメでAGEs対策を

肌の老化を促進する現象

女性

糖化とは、余分な糖分がタンパク質と結合する現象のことです。この現象によって生成されるAGEsという物質は、老化を促進させる性質を持っています。つまり、食事や間食で糖質を摂りすぎると、肌の老化を早めてしみやたるみの原因となってしまうのです。そこで、最近は抗糖化化粧品というものが開発されています。今はまだ、AGEsという言葉を十分知っている人や、肌のケアと結びつけて考えている人は多くないのが現状です。アンチエイジングのために抗酸化作用のある化粧品や、保湿成分を何種類も配合してある化粧品を使う女性は大勢いますが、抗糖化化粧品を使用しているという女性はまだ少数派とみられています。しかし、これからの化粧品選びにおいては、抗酸化作用のみならず抗糖化作用にもポイントを置くよう注意する必要があります。

効果を高める食品とともに

抗糖化化粧品には、糖化の抑制や防止の効果があるとされる植物由来の成分を配合してある製品が多くあります。たとえばセイヨウオオバコ種子エキス、マロニエエキスなどです。ヨモギから抽出された成分にも、すぐれた抗糖化作用があるといわれています。また、南国の果実であるスターフルーツ由来のスターフルーツ酸も、最近注目を集めている抗糖化成分です。こうした成分を配合した化粧品は、敏感肌の人でも安心して使えるよう、無添加のものや添加物を抑えたものが多いのも特徴です。価格帯もリーズナブルなものからリッチなものまで幅広く、予算や好みに合わせて選べます。化粧品はそれだけで使うのではなく、抗糖化作用のある食品を食べて内側からもサポートすれば、効果が倍増するといわれています。カテキンを多く含むお茶や、ほうれんそうなどの緑黄色野菜、またりんごやブルーベリーなどの果物を十分摂るよう心がければ、いっそうの抗糖化効果が見込めます。